1000人の女性と交われる?!ムイラプアマの力

1000人の女性と交われる?!ムイラプアマの力

ムイラプアマは南米アマゾン川流域に自生している低木で、熱帯および亜熱帯地域にみられるボロボロノキ科の植物です。
ジャスミンの花の様な白く小さな花を咲かせるのが特徴で、香りもジャスミンに似ていると言われています。
大きなものでも5メートルほどにしか成長をしない低木種ですが、木が成長する過程において多量のミネラルを必要とする事から極限られた地域にしか生息していない事が分かっています。
ムイラプアマは根っこから葉までの全てをハーブとして用いることから無駄な部分が無く、根と葉は特に多く用いられています。 →こちら

カツアバを飲めば定年後に子作り出来る?!

カツアバを飲めば定年後に子作り出来る?!

カツアバ(カツアーバ)は南米アマゾン川流域に生息している低木植物でコカの仲間となります。
最も大きいものでも4メートル程度にしか成長をしない木です。
アマゾン川流域に暮らすトゥピ族が古くから樹皮を乾燥させたものを煮出して飲用していたそうで、古い言い伝えには60歳で子供を作る事が出来たと言われており、このことからも精力剤効果がある事が伺い知れます。
ネイティブアメリカンの人たちはかつてカツアバを摂取して歌い踊り、精力剤として使用していた言い伝えもあります。 →こちら

クラチャイダムはマカの2倍以上のポテンシャル?!

クラチャイダムはマカの2倍以上のポテンシャル?!

マカをも超える効果をもたらすと一躍有名になったクラチャイダムですが、別名黒ウコン、黒しょうが、ブラックジンジャーなどとも呼ばれています。
そもそもクラチャイダムってなに?サプリメント名じゃなかったの?という方も多いと思いますので、少しご説明をしたいと思います。
クラチャイダムはタイやラオス周辺に自生しているいわばウコンの仲間。1000年以上前から認知されている薬草やハーブとして珍重されてきた貴重な植物で、熱帯地方にしか生育しない植物と言われています。 →こちら

トンカットアリの精力増強効果は高麗人参の5倍も?!

トンカットアリの精力増強効果は高麗人参の5倍も?!

トンカットアリと聞いてすぐになんだか分かるか方は少ないと思いますが、東南アジアの熱帯雨林ジャングルに自生している植物でニガキ科に属しています。
朝鮮ニンジンの様な見た目をしており、木の根っこに似ています。
マレーシアやインドシナ半島、インドネシアのスマトラ島やボルネオ島などに自生していて、直径15cm以上になるためには10年以上の燃月が必要なほど、長い年月をかけてじっくり成長する植物です。
長い年月を要するため、栽培は大変難しく、食品として使用できるものは野生のものに限られており、希少価値が高く珍しいものとなっています。 →こちら

パフィアは副作用一切なしの万能薬!!

パフィアは副作用一切なしの万能薬!!

ブラジル人参という異名を持っているパフィアは南米のアマゾン川流域に自生している植物の一つで、人参という異名からもお分かりの通り、高麗人参に似た見た目をしている木の根っこの様な植物です。
ヒユ科の植物で、大きいものだと全長が2メートル以上になるそうです。 →こちら

マカはアンデスに伝わる超有名精力剤!

マカはアンデスに伝わる超有名精力剤!

マカは南米ペルーに自生しているアブラナ科の多年性植物で、主に根っこの部分をハーブや漢方薬として用いられています。
ペルーでマカと呼ばれているものは約100種類程あり、そのうちの僅か10種類程度しかペルーに自生している品種はありません。 →こちら

ヨヒンベは勃起不全の治療薬にも利用されている!!

ヨヒンベは勃起不全の治療薬にも利用されている!!

中央アフリカにあるアカネ科の植物であるヨヒンベの樹皮から採取された物から見つかったもので、アフリカでは樹皮を乾燥させたものを粉末などにしてお茶として飲んだり、完走した樹皮をそのまま食すなどして古くから精力剤として注目されていました。
植物などから精力改善を促すものは多くありますが、このヨヒンベは摂取後1時間ほどで勃起する方も多く、臨床実験では6割の方に効果がみられるなどのデータも残されています。 →こちら

冬虫夏草はメダリストも愛用する精力剤!!

冬虫夏草はメダリストも愛用する精力剤!!

冬虫夏草はチベットなどに生息しているオオコウモリ蛾など蛾の仲間に寄生するキノコの一種で、蛾が持っている栄養を吸収して成長をしていきます。
寒い時期には虫状のまま過ごしており、夏になると子実体を伸ばしてキノコの形になっていきます。
お隣中国ではコウモリ蛾の幼虫に寄生しているコルジセプス・シネンシスだけが冬虫夏草として認められています。日本ではコルジセプス・ミリタリスが養殖されており、これに寄生している冬虫夏草を入手していますが世界全体で見ても300種類程度しかないといわれています。 →こちら

高麗人参は古来から使われるザ精力剤!!

高麗人参は古来から使われるザ精力剤!!

高麗人参は別名御種人蔘(オタネニンジン)友呼ばれており、ウコギ科の多年草で中国北東部からロシア沿海州に賭けて自生している自然植物です。
日本をはじめ中国や朝鮮では古くから効能の高い薬草として広く知られており、根っこの部分が人の形を彷彿させることから“人参”と名付けられているといわれています。(名前の由来には諸説あり、これはその一部です。)
全体の7割以上が韓国と中国から採られ、日本でもわずかではありますが、江戸時代より栽培が行われています。
古来より薬草として高麗人参の価値は認められていましたが、その歴史はとても古く、中国の歴史と同じくらい太古の時代より効果を認知されていました。 →こちら